静岡市 地酒専門店 日本酒 焼酎 オーガニックワイン

第3回変態酒の会に参加してきました!

第3回変態酒の会に参加してきました!

6月16日木曜日画像の説明
 第3回目の変態酒の会というちょっと怪しい名前の酒の会に初めて参加してきました。こちらは掛川の一般消費者が主催をしている試飲会で主に熟成酒を楽しむ酒の会です。部屋の隅っこに長らく寝かせてある酒とか、呑むと思って飲み損ねて何年も寝てしまったお酒とか冷蔵庫に何年も入っていて飲めるのか飲めないのかわかんないようなお酒とかを持ち寄って飲み比べをして楽しむ飲み会です。
 私は平成20年の醸し人九平次別誂720mlと1995年の千代の園大吟醸エクセル720mlを持っていきました。会場は掛川駅北口前のうおゆうさんです。
 出品酒はいろいろさまざまな古酒が集まってきていました。喜楽長の大吟醸の生酒平成6年とか東洋美人のしぼりたて純米吟醸生酒1999年ガレージ横ほったらかし酒とか克正・雄町純米無濾過生原酒26BYとか中には仏壇の横にずっと飾ってあった昭和52年の富士正吟醸酒とかいろんなスペシャル古酒が出品されていました。この酒はぬる燗、この酒は熱燗、この酒は飛び切りの燗にして氷で急冷する、とか実験しながらの試飲もあり、本当にマニアックで変態性充分(笑い)の変態酒の会でした。冗談抜きに開封してからおいしくなるよう何か月も熟成させて出品させていると感じられるものもあったので、すごいなあと思いました。
 昭和52年は常温熟成なのに素直な古酒で綺麗な味わいでした。燗でよりスマートな味わいでした。個々のお酒の感想は時間があるときまた、述べてみたいと思ってます。面白い会です。つまみももっと凝ったらさらに面白そう!とはいえ、これ以上この予算5000円という価格で開催してくれているのに贅沢言ったら罰当りか!

コメント



認証コード1969

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional